石垣島の海を潜るラブラドールびりびり

お空のびりびりとおーじろー、くるくるの日記

近況報告 

2009/11/17
Tue. 17:39

 

みなさんお元気ですャ?


09111701.jpg

オレはャ毎日ャ元気でいますャ~えへえへ

09111702.jpg

 

きのうまではャ曇ったり晴れたりでムシムシしてたャ。

09111703.jpg
@昨日はびりははも泳げたくらいの気温だったのャ@

ニクキュウも治ったからャたくさん歩いてるャ~。

09111705.jpg

あとは。。ャ。いつもと同じ日々でしたャ♪うふ。


 
09111704.jpg

今日は雨なのャ

09111711.jpg
@セクシーなオレ@

雨の日はソファーでよーく眠れるャ♪あはん

09111706.jpg 
@こんにちは。ボクは以前、このソファーの主だったクマちゃんだよん~@

でもャ 気持ちよく眠っているとャ
 
09111707.jpg
@びりびりが来てからはゆっくりカラダを伸ばして寝れなくなりましたよん・・・@

ャ~ん・・ジャマがはいるのャ~

09111708.jpg
@元はと言えばボクのソファーだったのによん・・くすん@

クマちゃんがャ


09111709.jpg
@だから、たまにイジワルしますよん@

ジャマなのャっ。


09111710.jpg 
@だよ~ん♪
 
@びりびりが来てから、わたしの居場所(ソファー)もなくなりました;;
デカイ態度のびり殿でっす。
まだしばらく不定期更新になります~。

スポンサーサイト

[edit]

CM: --
TB: --

page top

最優先のイヌ 

2009/10/18
Sun. 07:41

 

@予想通り、昨日からカラっと晴れてきた石垣島。晴れた途端にビーチはヒトがワラワラ。
みんな海が好きだなぁ。風は冷たいけど海水温は暖かめなので、まだ泳げそう。
今日も秋晴れのような爽やかな風吹く晴れた空@

イヌたちも晴れた途端にご機嫌になったよん。

09101708.jpg
@きのうの午後の写真。湿度が高かったのでレンズが結露@

:::::

ブログ界の大スター富士丸くんが急逝してしまった。享年7歳。

09101710.jpg


大スター過ぎてコメントすることはなかったけど、いつも楽しく見てたので

突然の訃報を知ったときはPCの前で30分くらい放心状態に。

09101706.jpg

グータラしたニンゲンだし、これといった強い信条も生きてく上でのコダワリもないのだけど

09101701.jpg

何かに迷ったときや停止してしまったときなど、自分に問うてみる事がある。

09101707.jpg

「今、自分にとっての一番大事なことは何だろう。 」
「でも000だし。だけど000もあるし・・。とかフアンやソントクイッサイ考えずに。
一番の優先するべきことはなんだろう」

09101702.jpg 

大抵、本当に大事なことなんてひとつかふたつしかない。

09101705.jpg

だから、よーく自分に聞いてみればすぐに答えはみつかる。

09101713.jpg

ソレがわかったら即実行。

 
09101711.jpg

命は限られている。

09101715.jpg

ソレは明日なくなるかもしれないし、何時間後になくなるかもしれない。

09101714.jpg

なくなってしまったら、やりたかったことは何もできない。

 09101712.jpg


明日やろうと思っていたこともヒマになったら。と思っていたことも何もできなくなる。

だから明日から。でもなく、ヒマになったら。でもなく、すぐ実行。

09101703.jpg

わたしの一番大事な最優先順位一位びりさん?

09101709.jpg
@はい!なのャ~@

とにかく毎日、一時一時精一杯楽しく過ごそうねっ。

09101704.jpg 

富士丸くん、安らかに・・   
    
    
    
 

 

 

[edit]

CM: --
TB: --

page top

潜ろうぜ、ビーリ 

2009/09/16
Wed. 08:44

  

@今日もムシ~っと暑い。9月は平年より3℃も高いらしい。半分晴れの空@

09091514.jpg
@朝はきれいに晴れてた@

まだ少しビッコのびりさん。

09091501.jpg
@完治しないのャ~@

::::::

びりびりがニクキュウ痛の間に読んだ本。
わたしは大量に読むのと、必要最低限のモノしか持ちたくないと常々思っているほうなので
本はいつも図書館で借りるようにしているのですが↓のこの本は

09091515.jpg 
@<ラブ爺の愉快な一生>なのャ~@

どうしても読みたくて購入。
イヌの老後、介護についての本です。ですが、ぜんぜん暗いところがなくてクスっと笑えたり
イラストもかわいくてほのぼの出来る一冊でした。

ブログはこちら

悪犬ラブ爺の愉快な一生 あかるい老犬介護のすすめ悪犬ラブ爺の愉快な一生 あかるい老犬介護のすすめ
(2009/07/01)
青木 かをり

商品詳細を見る

そして、こっちの本は図書館で借りて読んだのですが

09091512.jpg
@<走ろうぜ、マージ>なのャ~@

走ろうぜ、マージ走ろうぜ、マージ
(2006/06)
馳 星周

商品詳細を見る

もう最初のページから号泣。

09091513.jpg

この本もイヌの老後と介護の日記なのですが

5ページくらい読んだところで涙はスッカリ枯れました^^ゞ

09091508.jpg

その後もページをめくるたびに、びりびりを呼び寄せるか

09091503.jpg

びりびりにくっ付いてゴロ寝するか


09091502.jpg

びりびりを抱きしめるか

 

09091504.jpg

びりびりにチューするかetc・・・・・

で、読むのにすっごく時間がかかりました;;

09091509.jpg

折も折。ニクキュウ痛のため いつもよりも大人しくわたしの後を
テケテケついてくる年寄りふうなびりさんになっているため

09091506.jpg

枯れてたハズの涙もすぐに復活し
もう次の日は顔が腫れてしまったくらい泣きましたのよ。奥さん。
<マーリー>でも<ソックス>でも泣かなかったのに・・

09091510.jpg

そして、自分がびりびりに抱いている想いはヒトとしてどうなんだろう?と
いうギモンがあったのですが

この本を読んでいたら<ソレもアリなんだ>とも思え

 

09091505.jpg

この本には共感するところがすごく多く、今までたくさんのイヌの本を読みましたが
わたしの中でのイヌの本ナンバーワンの一冊になりました。

09091507.jpg
@潜ろうぜ、ビーリ。パクり。でもナンか、かっちょワルイ@

それから。それと並行してブッタの本なども読んでいました。
ブッタさんは執着を手放せと仰っております。ソレはよくわかります。
ソノ通りだと思います。が。

にも、関わらず

この本にも書いてありましたが
イッソのことドラキュラに血を吸われて永遠のイノチを・・・・・とかチラっと頭を過ぎったり。

あぁ無常。

09091511.jpg

マージの著者のブログはこちら

[edit]

CM: --
TB: --

page top

世界がかわる方法 

2009/07/01
Wed. 07:12

 

@今日も快晴。33℃~29℃。日陰と家の中は涼しい。
星がすっごくたくさん見える!朝焼けもきれい!@

09063007.jpg

 知ろうとする。コトは

09063005.jpg

とても大切。

09063006.jpg

ものごとをいろいろな角度から見てみるコト。

09063009.jpg

自分に気づくコト。も大事。

09063013.jpg

だっからね~

09063008.jpg

今年、海に行く予定があるヒトは

09063010.jpg

海の中で、宙返りをしてみよう~!

09063001.jpg

そして意識を自分以外のモノにうつしてみよう。 

09063002.jpg

五感を研ぎ澄まして。

09063014.jpg

想像力を働かせて

09063012.jpg

ナニも考えずに宙返りして

無になってみよう。

09063011.jpg

   そうするとね

09063015.jpg

世界がかわるのよん♪

1,2,3!で宙返り!

 09063004.jpg
@ホントーなのャ~@

[edit]

CM: --
TB: --

page top

サリーと蘭男ちゃんへ。ありがとう。 

2009/06/18
Thu. 09:29

09061715.jpg 
@子育て中の魚。子を守るために、シュノーケリングしているわたしを攻撃@

@きのうも曇ったり晴れたり雨降ったり。
今日はピカーン!っと晴れ。梅雨明けしたかな??@

09061713.jpg

:::::::

小さい頃、ほんの一時、短い間だったけどイヌと一緒に暮らしていた。
魔法使いサリーが大好きだったので、サリーと名づけた。

09061702.jpg

ダレにでも尻尾フリフリしながらついて行く、とても人懐こいサリーは
辛いことが多かった子ども時代のわたしにとって天使のような存在になった。

09061704.jpg

だけどある日、近所の子どもたちにくっ付いて大きな道路を横断中、車にはねられ
サリーは突然逝ってしまった。

09061709.jpg

わたしはそのとき、すごく小さかったのだけど
悔しくて悲しくて申し訳なくて、誰にも聞こえないように声を殺しながら泣いて泣いて

横たわっていたサリーに何度も何度も謝った。

09061710.jpg

<わたしは今全然フコーじゃないから大丈夫。ここは楽しいよ>サリーはわたしに語りかけてきた。

サリーはシアワセそうに笑ってた。

09061712.jpg

<死はワルイものではないのかな・・>
サリーの顔を見ながら、小さかったわたしはナントナク死というものを理解した。

09061703.jpg

それから、生と死について、よく考える。

09061714.jpg

今もびりびりの死を考えない日はない。

09061707.jpg

考えると、もうカラダが引きちぎれそうになるくらいだけど

09061711.jpg

いつかは訪れるその日が来たら

そこはそんなにワルイところではないらしいから

09061701.jpg

びりびりがすんなりと向こうへいけるように

最期は<ありがとうね。>って笑顔でお別れしたい。と思っている。

09061708.jpg

また会えるからね。ありがとうね。行っておいでっ!

 

09061730.jpg

 

::::

蘭男ちゃん。かわゆいかわゆい蘭男ちゃん。
いつも笑顔をありがとうっ。

09061731.jpg 

     
<どんなに注意してても気をつけてても起こるときは起こってしまうの。
そういうモノなのです。それが、この世界なのです。>
サリーはそうも言っていた。
       

 

 

[edit]

CM: --
TB: --

page top

2017-03