石垣島の海を潜るラブラドールびりびり

お空のびりびりとおーじろー、くるくるの日記

抗がん剤治療7回目ピンクリスチン 

2011/08/17
Wed. 08:47

@今日は朝からムシ暑い。だけど朝ごはんはサンラータン@



DSC05007.jpg 
きのうは抗がん剤治療日で川に入れなかったので



DSC05022.jpg 

山の上を散歩。 風が冷たくて気持ちよい♪



DSC05027.jpg 



***

きのうは病院へ。まずは体重測定。うわ。。31,6キロ!す。。すごく太った@@
最近、あまり歩いてないしイシトリも早めに切り上げてたから運動量が減ったせいかな。

そして触診。わたし:ど、、どうですか?
獣医さん:ぜんぜん大きさも変わってないし良好です。
ホっと一息。

それから今後の治療についてモンスター飼い主と代しながら、獣医さんと30分以上かけて話し合う。

と言うのも、
獣医さんはびりびりが再再燃ということもあって、以前からドキソルビシン(アドレアシン)を使わず、
あまりカラダに負担をかけない治療法COPを薦めてくださっていたのだけど、
*オンコビン(ピンクリスチン)とエンドキサン(シクロホスファミド)とプレドニゾンを使う治療法*

わたしには、びりびりの癌はオンコビンがあまり効いていないように見えていて。

なので来週はあと一回だけ使えるドキソルビシンを投与してもらって、その後はドキソルビシンと同じような働きを
すると言われているミトキサントロンというお薬を使ってもらいたいと考えていた。

でもその旨を伝えても、獣医さんはドキソルビシン、ミトキサントロンを使うことに積極的ではなく、
話し合いは平行線をたどってしまった。

それでも何度も何度もやり取りし、最後はももたろうくんの話や、その後お知り合いになったファディちゃんの話などを
*ラブラドールのファディちゃんも何度か再燃寛解を繰り返しながらも今月で30ヶ月目!で元気に過ごしています。*
聞いていただき、そういう例もあるのだから、、としつこくしつこく粘る。

最後、獣医さんはそこまで仰るのでしたら。と積極的な治療に同意してくださった。
びりびりの今の状態についても、こんなにお薬が効くとは思ったいなかった、というふうにも仰っていた。

まったくの素人が獣医さんの意見を退けてまで出した答えが正しいのかどうかはわからないけれど
後でこうしておけばよかった、、と後悔はしたくないという思いが強くあり。


けれど・・・
そんなふうに昨日は強く言ってしまったけれど、今朝のびりびりはまた体調も食欲も下降気味。
それを見ていると、本当にコレでいいのか。。などなどいろいろ思ってしまうばかりの今日この頃なのだった。

DSC04911.jpg



























スポンサーサイト

[edit]

CM: --
TB: --

page top

2017-09