石垣島の海を潜るラブラドールびりびり

お空のびりびりとおーじろー、くるくるの日記

気力と体力@ヒーリングのことなど 

2011/08/21
Sun. 09:13

@今朝も曇り。島は半年夏だったけど、こっちはもう夏が終わりそうな気配。早い~@



きのうも元気にイシトリ

DSC05178.jpg


と言いたいのですが

DSC05197.jpg


気力はあるものの


DSC05150.jpg


 

カラダの方がついていかないようで

 
↓チョっと目がイっちゃってるイヌ
DSC05188.jpg
 

 


そんな状態が↓の写真によく現れていました。



11082101.gif 


以前はそれでも<まだイシトリするのャ!>とゴネて帰ろうとしなかったのですが

↓カラダがついていかないのャ~んmm
DSC05137.jpg


最近は本人も自分のカラダのことを解ってきたようで、帰るよ~と言うと素直に帰路につくようになりました。

DSC05218.jpg 



そんなびりさんですが、夜になるとまたパワフルになり


↓激しくサービスするイヌ
DSC05224.jpg


部屋を散らかし放題サービス♪ \(^▽^)/

DSC05240.jpg


どんどん散らかしておくれっ♪(* ̄m ̄)


DSC05239.jpg


*** 親ばか話とヒーリングのことなど***


数日前のことですが
熊に襲われた村の話をテレビで見た夜に、自分も襲われる夢を見てうなされていたら
びりさんがソっとわたしの布団に入ってきて横に寝てくれました。
いつも、わたしがうなされる夢を見ると横に来て一緒に寝てくれるやさしいやさしいびりさん。
(* ̄ー ̄*)←親ばか


以前にも少し書きましたが、上記の親ばか話のように、
動物は感情や病気を飼い主から引き受けることで癒そうと試みることがあるのだそう。

だけど動物は病気を吸収することはできても、それを取り除くことは出来ない場合が多く
そのため、動物の好ましくないエネルギーを日頃から浄化することが重要だと
今読んでいる<シータヒーリング>に書かれてあります。

病気は自分のどこかが間違っているというエラーのサインとも言われ、そして
動物はヒトにいろいろなコトを教えるために存在するのだとか。

びりびりが病気になってしまった頃わたし自身あまり体調がよくなく、びりびりがそれを取り込んでしまったのかも、と
今はいろいろな本を読んでいると感じます。

いつからか、びりびりの存在意義のようなもの、生きている意味のようなものにも興味を抱くようになり
わたしが笑っていたらびりびりも一緒に笑うし、怒っていたら心配そうにしてるし
びりびりはわたしが楽しそうにしていることが、もしかしたら一番嬉しいのかな、とも思ったり。

なので最近はびりびりのヒーリングも大事だけど自分も浄化していくことも、びりびりにとってプラスに働くのだろうな。。
なんて感じていたりするのでした。(考えがまとまらずうまく表現できなかったですが^^ゞ)


こちらの(デーヴァたちからのメッセージ)の
記事も
興味深いですよん。


***




  



  




  


 





スポンサーサイト

[edit]

CM: --
TB: --

page top

2017-06